ごあいさつ

ごあいさつ

発達障害とHSP。

そのグラデーションの中にいる子どもたちは本当に多く、わが家もその一例です。

不登校、登園しぶり、学習面、健康面での心配ごと… 

たくさんのできごとや感情を通過してきました。

 

でもその特性は、すばらしいギフトでもあり、難儀な面だけではないはずです。

親が育つために、用意された機会なのかもしれません。

すべては現在も進行中ですが、経験をシェアすることで、かるさ、あかるさが見つかればと思います。

悩み、重い時間も、長い人生の中で見れば、

さじ(些事)=ささいなことだったねと、言える日がくると信じて。