本の紹介

幕内秀夫監修『食事が子どもをかえる! 安心の食育レシピ』

なんでもバランスよくでは「ない」食育本に救われた話。

偏食の話をまた少しします。

 

「なんでも」「バランスよく」

「栄養のあるものを」「色どりよく」

 

でなければいけないと思っていたころは、

食事ってどこか「見栄」だった気がします。

なんとなく、オサレなメニューとか、お弁当とか。

 

お母さん同士で話すときも、

「食」に気をつけている人がまわりに多かったし、

食育を日々意識していれば、

わたしも「いいお母さん」という感じがしたのです。

 

なんでも食べられる子であれば、

あれこれ凝ったものを作ったり、

親子で楽しむクッキングのイベントに

顔出していたかもしれません(いややりたかった〜)。

 

 

でも現実は、ですよ。

息子氏、「ごはん」のみで、

おかずを全くと言っていいほど口に入れない子だったので、

「食育」という明るく健全なイメージからはかけ離れ。。。

 

そんなときに、読んで救われたのが

幕内秀夫監修

『食事が子どもをかえる! 安心の食育レシピ』(講談社MOOK)でした。

 

honto.jp

 

今は出版されていないのか、

Amazonで検索しても出てこなくて、中古品ならヒットするみたい。

(↑ 今日時点でヒットしたページのリンク)

 

幕内秀夫さんは「粗食のすすめ」で知られている方ですが、

本書の中で

・子どもは本能で食べ物を選択している

・子どもの方が適量を知っているから、残してもいい

・子どもの好き嫌いは偏食ではない(センサーが働いているから)

そして「ごはん+味噌汁+常備食(のり、佃煮とか)」で

70%くらい食べれていれば十分、

という感じのことを書かれています。

 

「肉」も出てこないし。

(多少、わたしの偏った解釈があるかも?)

 

ごはん以外では、味噌汁はわりと飲む、

常備食はのりだけなら食べれる、といった感じでしたが、

これにすご〜〜〜くホッとしたんですよね。

 

ごはん(米)食べてれば、まずいっか!! って思えた。

 

「なんでもまんべんなく」っていうのも、自然とは言えず。

これも偏りなのかもしれないなととも思いました。

 

本のレシピ写真を見るとわかるんですが、

量も「えっ、これだけ?」だし、

お弁当なんかは「白い…!」印象です笑

 

おやつに「冷凍の焼きおにぎり」でもよし、

と紹介されていたので、試してみたら大のお気に入りになり…

これは今でもよく食べます。

 

あれこれ食べなくてもよかったんだな〜

無理させなくてもよかったんだな〜

 

自分にもマルをしてもらえた気分になりました。

 

以来、娘のも、キャラ弁とか

熱烈リクエストがない限りやらないし、

質実剛健「茶色い」お弁当で通してきたし。

量も比較しなくなりました。

 

(今は比較的食べるようになったので、

この本で指摘されているスナック菓子とか

添加物とかの方がやばい。。)

 

娘は、息子と対照的に「食べるのが好き」な人ですが、

不調が続くと、この本に書いてあるような

メニューを今も好んで欲します。

パン食べれない、

ごはんに鮭、わかめの味噌汁とかでいい、って言いますね。

「粗食」がやっぱり理にかなっていて、

体に合ってるんでしょうね。

 

これと同じ本は、新版がないようですが、

中身は、こどもごはんのレシピ。

似たようなスタンス、タイトルのご著書を見つけたので、ご参考までに。

 

子どもこんだて

子どもこんだて

Amazon