本の紹介

浅井咲子著『今ここ 神経系エクササイズ 「はるちゃんのおにぎり」を読むと、他人の批判が気にならなくなる。』

HSPさんがこころ穏やかに過ごすためのヒントになる

「ポリヴェーガル理論」を理解する入門編として

いま読んでいるのが

 

浅井咲子著

『今ここ 神経系エクササイズ 「はるちゃんのおにぎり」を読むと、他人の批判が気にならなくなる。』

 

浅井さんは、ポリヴェーガル理論のことを、

学者や研究者じゃなくてもわかるように、

超〜絶 やさしくかみ砕いて

説明してくださるセラピストさんです。

 

ここで

ぽりゔえ〜がるってナニ???

ゔぇ〜〜〜???

・・・

ってなりますよね!

 

初めて耳にしたときは、

しばらく思考停止してしまったわたしですが、

ざっくり言うと自律神経系のお話。

もう少しだけ言うと。

リラックスを司るのは、副交感神経なわけですが、

その副交感神経にも2種類ある(!)というのが、

ポリヴェーガル理論(ざっくりすぎてごめんなさい)。

 

HSPのことを学んでいくと、

神経系の分野の話につながっていきます。

たとえば

  • すごく緊張してしまう
  • まわりの雰囲気を受け取ったり、刺激を受け取りすぎて疲れきってしまう
  • たかぶりすぎるか、プチうつモードに入ってしまう

などは、大人に限らず

子どもにもよく聞かれる「あるある」ですね。

 

こんなとき、神経の中では

どんなシステムが働いて

どういうことが起きているのか?

2種類の副交感神経が、

どんなふうにわたしたちのからだを守っているのか。

じゃあ、自分でどんなケアができるか?

 

神経系の仕組みをひもときながら、

「現実どうするか」のヒントを示してくれます。

 

気質だからどうにもできないと

あきらめるのではなく。

体調や感情の波をフラットな状態に

キープするサーモスタットを、

自分の中に育てていけるよ、自己調整をしていけるよ。

そういったことが書かれています。

 

生物学的な話も好きなので、

お困りごとにフィジカル面から

アプローチする方法というのは、とても興味深かったです。

(だからメディカルアロマも学んだのでした)

 

この本のすばらしい点のひとつとしては、

ポリヴェーガル理論をわかりやすく

「小さな物語」として描いていること。

それが「はるちゃんのおにぎり」という

冒頭の「絵本」の部分です。

(そしてこの部分が「エクササイズ」になっている)

 

感覚的にわかるよう、

図&イラストにも工夫がされていて、

シンプルに見えて

とても熟考されているんだろうなと感じます。

(図やイラストは、

コピーして目に付くところに貼っておきたいくらい)

 

今、自分や子どもたちにおきている感情や体調の波は、

こういう神経のはたらきによるのかもと、

少し引いて、

冷静に見つめることができそうな気がします。

 

浅井さんのことを知ったのは、

皆川公美子さんの主宰する「HSP未来ラボ」にて。

HSPメッセンジャー講座を受講した際に、

推薦図書として紹介されていたのでした。

 

浅井さんの著書は、

ほかにもたくさん興味深いものが出ていて、

芋づる式に読み進めていますが、それはまたご紹介します。