とびとび日記

グレーな感性と視点でラクになる

生まれ持った特性は、血液型といっしょ。

変えようもないものだけれど。

 

育てる、生きていく、見守るという、

途方もない道のりの途中で。

苦しくなったり、孤独を感じたり、イライラしてみたり。

 

しんどくて、

「こうだったらいいのに…」

と、いう考えに支配されてしまう日が続くこと、ありますよね。

不安や心配は、だいたいが愛情からやってくるわけだけど、

「母、ため息にまみれる」日もあるわけです。

 

 

いつだったか、子どもたちがまだ小さいころ。

風邪かな? インフルエンザだったのかな?

 

高熱が出て、小児科を受診したときに先生が

 

「平熱まで下がらなくても、

37℃台になれば大分ラクになるはずですよー」

 

と言われたのをきいて、「あ、そっか」と思ったのでした。

 

 

たぶんつらいときって、自分の心が、

状況を39℃くらいの高熱としてとらえてるんですよね。

だけど、同じ状況でも、

やや熱あり37.5℃くらいでとらえられたら、

わりと見通しがよくなってくる。

 

定型発達(平熱)にはならなくても、

やや熱ありのままでも、それなりに対処していける。

 

ちょっとの熱はありうるし、大騒ぎしなくてもいい。

白と黒の中間「グレー」で、それほど問題ない。

 

そんな感じでやっていけばいいのかも、と感じたのでした。

 

 

何事もきっちり、きっかり。

「マル」「シロ」とされる範囲の中で生きることを、

わたしたちはやってきました。

 

でも、発達特性を抱えていたり、

グレーゾーンのお子さんを見守るお母さんこそ、

グレーの感性があるとラクです。

 

(てきとう、良いかげん ともいえるかも)

 

グレーはマイルドで、ひろがりのあるやさしい色。

グレーな感性で、「やや熱」ものりきっていきませんか。