とびとび日記

「そのままの自分」全開でいいんだなと感じたこと。

いやはや、もう4月も終わり!(驚)

 

4月はとくに

仕事でうまく進まないことがあったりして、

ぐるぐるとした渦の中にいました。

 

わたしはいろんなことを

スピード感をもって、同時並行でできない性質なので、

焦ったり、不安になったり…

嵐のような感情を久々に味わい。

 

でも、

「わたしには、これは求めないでほしい」

「こうしていただけると助かります」ということを

思いきってお伝えしたら

寛大にも、先方がすべて受け入れてくださり…(感激)

 

平穏な気持ちと良いリズムで

お仕事に向かっていけるように改善されました。

 

わたしは今まで、自分が仕事の形に添うように

クライアント様のスタイルに

合わせてやってきていたのですが

(当然なことですけども)

今回、15年ちょっとのフリーランス歴のなかで

初めて、どうしようもない壁を感じ。

 

ありのままを伝えてみたのですが

(フリーランスが、いちど引き受けた仕事を

反故にするのは、けっこうな決断力が要る、と思う)

 

きちんとそれを受け入れ、

最適化していただけるのだなあと

尊重していただけた実感があり、

本当にうれしかったです。

 

 

さて。

 

「ありのまま」でいいんだなと

感じたことがもうひとつありました。

 

この春から、息子と娘が

同じ通信制高校に通い始めました。

 

(今までは、ひとりひとり違う学校に

平日/週末と、それぞれ送迎していたので

この春からアクションがひとつにまとまって、

少しラクになりました~^^)

 

心配していたのは、

息子氏がなじめるのかな… ということ。

 

マイペーーーーースな人なので

周りも気にしないし、

ひとりでもわりと平気そうなのですが、

やっぱり、誰かとわかりあえるとか

つながり感があると、

断然! 生活が楽しくなるように思えますよね。

 

どうなるかなあ…と案じていたのですが

クラス顔合わせの初日から

 

「ヲタク全開!!」で

 

ちょっと引くようなw タイトルの本を堂々と読んでいたら

なんと

「それ知ってる!」と声をかけてくれた

男子がいたそうで。

 

聞けばハマっているゲームも、

レベルも似たような感じ。

 

すぐに意気投合して

めちゃめちゃしゃべりまくり

LINE交換もしたそうです。

 

たくさんの友人というよりは

わずかでも、わかりあえる友人がいれば

ありがたいな~と思っていたところに

あまりにドンピシャ。

 

あっさり、すんなり

こちらも気が抜けてしまったほど。

 

(思えば娘も、登校初日に大好きなアーティストの

ライブTを着ていって、お友だちができたのでした)

 

 

「そのままの自分を出していけばいいんだな」と

 

その方が友人関係も、お仕事も

無理なく、良い関係性が築けるんだなと、

しみじみ思いました。

 

全部をつかもうとしないことですよね。

 

 

そして、あらためて

自分の特性を知ったうえで

合う環境を選び取っていくこと

これが本当に大事だと思いました。

 

そのまま、ありのままを伝えるには

何かを捨てなければならないこともあるし

大きな勇気が要ることでもあります。

 

わたしは今でも

ちょっとしたことを伝えるにも

心臓がバクバクして、ド緊張するのですが…

今回、またひとつ練習した気がしています。