とびとび日記

「立派」を求めず「十分」で

なかなか、「学校に行って、机に座って勉学する」ことには気の向かないうちの子ですが。

アルバイトには大変熱心です (笑)

 

「学校で教科書見て、ノートとって、テストに解答する」

 

実技系は別として、これが、実生活にどうつながるのか、いつどんな風に役立っていくのか。

うまく結びつかないようです。

(テストの点数はよかったけど、わたしもそう考えていた子どもでした)

 

もちろん、広い視点でみると、高校卒業の認定を得たり、思考のトレーニングになったりと、結びついてはいるんだけれど。

投げっぱなしのブーメラン、というのかな。

身近じゃない、というか。

 

その「教科」でごはんを食べていく場合はわかりやすいけれど。

サインコサインタンジェント とか毎日使わないもんね。。

そして、ほぼ忘れた。。

 

その点、「働く」ということは非常にわかりやすくつながっているからいい と言います。

 

労力を提供して、その対価としてお給料がいただける。

出した分、戻ってくる。

好きなレジ打ちもできる。

お金の動きや、お店の内情や現実をみて社会を知る。

大人のやりとりを垣間見て、礼儀や思いやり、気配りを知る。

 

この社会勉強のほうが「おもしろいんだ」と言います。

 

なにより、彼女には「好きなアーティストの「推し活」したいから稼ぐ!!」

という強力な目的があり。

そのためなら、苦手な電話もかけるし、履歴書も書いてバイトの面接に挑みます。

 

すでに面接を5回体験、バイトも2つめ。

不採用もあるけど、その際の企業側の態度ですら、「世を見る目」として涵養されているんだと感じます。

 

娘の友人たちも、ほぼほぼバイトしてますが、「不採用の連絡すらこなかった~」という娘に、

「そんな不誠実な職場、採用にならなくてよかったじゃん!」

「あたしなんて●回落ちたよ! 経験が違う経験が!」

と、励ましの言葉をかけてるのを聞いてると愉快です^^

 

学校というものには、フィットする感覚が薄いけれど、わたしはもうこれで十分!と思います。

起床後エンジンかかるまで長いし、すぐ体調崩し気味で。

学校くらい時間通りに行けないと、この先まずいんじゃないか…とか、心配がゼロなわけではないんだけど。

目的のために行動できるんだから、十二分といってもいいなぁ。

 

先日、フリースクールのPTAで講演された先生も「不登校と、卒業後の困難さには、それほど強い相関関係はない」というようなお話をされていました。

(これはきちんとした研究データがとられているもの)

 

毎日学校行けたら、そりゃもう立派ですが、その子にとっての適・不適が違うだけで、行けなくても「十分」な面があるはず。

そこにフォーカスしたいよねと思います。